スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
思えばそれも、一つの形だったのさ
エキストラでぬえぬえとキャッキャウフフしてたら速達が届いて、なんだよ面倒だなと思いつつ渋々受け取りに行ったら明治大学の合格通知だったでござるの巻。
うん。仕方ないね。

明治に行くわけではないけど、とりあえずはこれで一区切りついたかな。
時分というより、自分の心情としての区切りだけど。
というわけで、片手で数える程もいるのか怪しいここの閲覧者に対しての報告としてこの一年について簡単に記しておこうと思います。後はまあ、深く追究しないでくれた同級生(クラス違うけど)への言い訳かな。

○2009年1月

思えばこの頃に兆候があったのかも…というとなんかそれっぽいけど、実際はただの風邪なんだろうな。
一日に15時間寝ても頭が薄ぼんやりしてベッドから抜け出せない日々がしばらく続いた。
受験勉強と言えるほどのことはしてなかったが、ごく普通に勉強はしていた。特に懸念もなし。

○2月

1月の校内模試の結果が返却される。上から6分の1という「上位層」と呼べる成績にひとまず満足。
おそらく成績的に全盛期。モチベも高かった。

○3月

特に記すことなし。強いて言えば春休みにまるで勉強してなかったことか。
でもこれはいつものことだったので(高3としてまずいとは思っていたが)大きな問題ではない。
事件は4月。

○4月

春休みムードから抜けきれず惰性で日々を過ごす…だけならまだしも、それすら出来なかった。
4月20日頃。人生初…とは言えないが、中学入って以来初めての登校拒否。
自分の中で何かの糸が切れた。明確な原因として挙げられることは何もない。
ただ、それだけで操り手の居なくなった人形の如く動けなくなった。
学校にも行けない。余った時間を有意義に使えるわけでもない。
抜け殻のような日々が続いた。ここについての考察(懺悔とも)は後述。
ちなみに塾も休み、勉強も一切しなかった。

○5月

学年の仕事としての義理立てに精神をすり減らす。実にどうでも良いことだったが、俺みたいな人間には軽視できないことだった。…まあ、今となってはそれこそ些事かなぁ。
最低限単位を取るために必要な出席も確保せず。五月総計で登校日は8日前後?

○6月

義理立ても終わりいよいよやることがなくなる。気まぐれにネカフェへ行ったり、バッティングセンターに行ったりしていた。また、下旬には某動画サイトに糞動画を投稿。
創作意欲があっただけ、五月に比べれば回復の兆しはあったと見るべきかもしれない。
ちなみにその動画はいつのまにか7,000再生を記録していた。中堅過ぎて何とも反応に困る数字。

○7月

上旬に糞動画をもう一本。流石に再生数はガクンと落ちたけどそれはまあどうでもよくて。
ちょっとだけ絵描いたりもした。

ここで、親が物は試しと言って、とある心理療法のマニュアルを持ってきてくれる。
親が子にカウンセリング…って言うとなんだそりゃ、って感じになるが、実際そんな感じだった。

最初は期待してなかったが、これが効いた。
今まで気付かなかったこと、見えてなかったことが出てくる出てくる。

人に本当の意味で「頼る」ということ。
自身の才能と負けず嫌いが故に、失敗から無意識に逃げていたこと。

他にも色々、言葉では言い尽くせないことを幾つも見つけた。
頭で理解してるつもりでも、心の底で実感させられたことはなかった。
言葉というものはなんとあやふやなものか。改めて「文字だけを見れば」当たり前なことばかりなのに、人はその裏側に気づけない。体験というものの重さを知ったね。

ああ、ちょっと話が逸れたかな。とにかく、色んな事に気づいて少し明るく、前向きになった。
出来事自体を纏めてしまえばそういうことさ。

○8月

鬱々とした生活を少しでも改善する気があったのかなかったのか、高3のくせに囲碁部の合宿へ行く。
一部の後輩に熱烈(笑)に歓迎されたり、初日から徹夜したりと色々とぶっとんでた。
そしてそこで、「頼る」ことをちょっとだけ実践してみた。

涙が出た。その日のことを、俺は生涯を通じて忘れないだろう。
…ごめん誇張した。でも、それくらい嬉しかった。

後から親に、囲碁部の今の雰囲気を作り上げた功績の一端はお前にある、ということを
囲碁部保護者会で1年生全員から俺の名前が挙がったとかよく分からない証拠を提示しつつ説明された。
勿論そこには親族フィルターがあることには違いないが、少なくとも事実らしいその証拠は単純に嬉しかった。
それは、出会った当時偶像視していた「彼」の姿に形は違えど少し近づけたと言うことで。
部長職をしぶしぶやり遂げた高校生活も、そう悪いものではなかったのかなと思えた。

ちなみに塾は半分行って、半分サボった。


そして長いな。次の記事へと分割して続きます。さっき後述と言ったのも次で。

スポンサーサイト
記憶の紙切れ | 21:23:51 | Trackback(0) | Comments(0)
名前叫んで!
しかしHDから東方消し去ったのにもかかわらず 脳内を占める東方分はさして変わって
ないんだよな どうなんだろうこれ

へうぃーです。

>>のざー
まあ、目指すだけなら誰でも出来るけどね。
そのうちまたもう駄目だとか言い出すかもしれないけどうん。

桜井さんのセンスは本当に素晴らしい。
スマブラXは当分買えそうにないけどさ。

○一月を

振り返ってみた。

・新年

年の暮れに何やら一騒動あって落ち着かない正月だったけど、特に何も無し。
強いて言えば年賀状が例年より多かった。

・1月某日

実力試験があって撃沈、結果は上から3分の1程度。
勉強不足がたたったと言わざるを得ない。

後、某塾に正式に入塾。
英語の穴埋めにと始めて見たけど、どうなることやら。

大してビッグイベントなんてない。

・総評

日々の勉強に関してはそこそこ出来たと思う。
個人的には72点くらいかな。勿論96点満点で。
2月はもっと必死になって良い。後、細かい時間の使い方を課題にしていこうか。

○明日明後日と

囲碁の大会、ついで外部模試。
なんでこんなハードスケジュールなのかと声高らかにつぶやきたい。

そんな感じで簡易更新。
会えるようなら、また今度。

記憶の紙切れ | 15:08:06 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。